矯正治療|小児矯正治療

  • TOP
  • 矯正治療|小児矯正治療

矯正治療|小児矯正治療

小児矯正は、まだ永久歯が生えそろっていない段階ですべての歯がきちんと並ぶためのスペースを確保する治療です。顎の骨の成長を利用できるだけ、治療のタイミングや進め方が適切であれば非常に高い効果が期待できます。

歯並びや噛み合わせの乱れは食事・発音といった生活面だけでなく、見た目のコンプレックスなど精神的な問題につながることも。もしお子様の歯並びが気になるようでしたら、まずは一度、南区道徳の歯医者「名古屋みなみ歯科・矯正歯科」までご相談ください。

Childrenお子様の歯並びが気になる方へ~小児矯正治療~

なぜ小児矯正が重要なのか?

なぜ小児矯正が重要なのか?

大人になってからでも矯正治療を受けることはできます。ただ、すでに顎の成長が完了している大人の場合、歯がきちんと並ぶスペースをつくるために抜歯することが多くなってしまうのです。もちろん治療のための抜歯ではありますが、虫歯でもない歯を失うことになってしまいます。

一方、小児矯正の場合には顎の発達を利用して歯が並ぶスペースをつくっていきます。そのため抜歯をせずに済むケースが多く、お子様の大切な歯を残してあげられる治療方法です。また歯並びや噛み合わせの乱れは全身のバランスにも悪影響を与えかねません。早い段階から矯正治療に取り組んで歯並びを整えることは、お口の中だけではなく、お子様の将来の健康にもつながります。

小児矯正のメリット
永久歯を抜かずに済む可能性が高い
顎の成長を利用して歯がきちんと並ぶスペースをつくることができます。そのため将来的にワイヤーによる本格矯正(成人矯正)を行う場合でも、抜歯を避けられる可能性が高まります。
顎や顔の正しい発育を促すことができる
歯並びや噛み合わせの乱れは、顎や顔の正常な発育の妨げとなることがあります。矯正治療による歯並びの改善は、正しい発育を促すことにつながります。
指しゃぶりなどの癖の改善
口呼吸、指しゃぶり、前歯を舌で押すといった癖は、歯並びやお口の健康に悪影響を及ぼします。小児矯正ではこうした癖の改善、お口まわりの筋肉や舌のトレーニングも行います。
成人矯正期間の短縮
適切なタイミング・進め方で小児矯正を行うことによって、その後に行う成人矯正の期間を短縮したり、成人矯正を行わずに済んだりするケースがあります。
歯並びの乱れによる影響
虫歯・歯周病 ブラッシングが行き届きにくいため汚れが溜まりやすく、虫歯・歯周病のリスクが高まります。
歯の崩壊・脱落 噛み合わせが均一でない場合、一ヶ所に負担が集中して歯の崩壊や脱落につながるリスクがあります。
発音 歯と歯の間の隙間から空気が漏れる、舌の動きが制限されるなどの理由から、発音が不明瞭になることがあります。
消化 食べ物を十分に咀嚼できず、胃腸に負担がかかります。
全身のバランス 噛み合わせの乱れは全身バランスの歪みにつながる可能性があり、肩こりや頭痛、腰痛などの原因になることもあります。
見た目 歯並びの乱れによって口元の見た目が気になり、「人前で口を開けられない」「笑いたくない」といったコンプレックスにつながることがあります。
集中力の低下 噛み合わせの乱れによって、集中力の低下を招くことがあります。

小児矯正治療を始めるタイミング

小児矯正治療を始めるタイミング

お子様によって顎の骨の成長スピードは異なります。そのため一概に「何歳がベスト」とは言い切れませんが、一般的には永久歯が生えはじめる5~7歳ごろが矯正治療開始の目安です。ただタイミングの見極めにはやはり高い専門性が必要になります。少しでも気になることがあれば、早めに矯正歯科に相談しましょう。

一期治療

一期治療

乳歯と永久歯が混在している、いわゆる「混合歯列期」に行う治療です。顎の骨の成長を利用して歯が並ぶスペースをつくり、噛み合わせなどを整えます。治療期間は2年ほどで、一期治療終了~永久歯が生えそろうまでは経過観察期間となります。

二期治療

二期治療

永久歯がすべて生えそろってから行う矯正治療です。一期治療だけでは改善できなかった歯並びや噛み合わせの乱れを整えていきます。治療にはブラケットやワイヤー装置を使用する方法が一般的。一期治療で顎のスペースを広げているため、通常の成人矯正より治療期間が短くなる、抜歯せずに済むといったケースが多くなります。一期治療で歯並び・噛み合わせの乱れが改善されていれば、こちらの二期治療は不要です。

矯正治療